オーガニックの日焼け止めでナチュラルで美しい肌に

   

肌に優しく紫外線から守ってくれる化粧品が人気となっていますが、その中でも有機栽培や化学物質不使用、化学肥料不使用で作られたオーガニックな日焼け止めが注目されています。オーガニックの定義は日本の場合それほど厳密ではありませんが、肌への刺激にならない低刺激で添加物があまり入っていないという意味でも使われています。
日差しは夏だけでなく一年中皮膚にダメージを与える可能性がありますので、朝起きたらすぐに塗るのがポイントです。部屋の中にも降り注ぎダメージを与えることがありますので洗濯物を干したりごみを捨てる時などの短時間の外出時にも気を抜かずに自分に合った製品を使って紫外線から守ることが重要です。低刺激のタイプを選べばバリア機能を損ないません。

紫外線防止剤の種類とそれぞれの特徴

日焼け止めはジェルやローションなど様々なテクスチャーのものがありますので用途に合わせて購入するのがおすすめです。レジャーの時には水に強いものを使うと流れにくくなって長時間紫外線から守ってくれる働きがあります。
ウォータープルーフのタイプは紫外線防止剤として紫外線吸収剤が使われているケースが多いですが、この成分は刺激が強すぎますので紫外線散乱剤を使ったタイプが人気です。特にアトピーやトラブルを起こしやすい人、炎症や痒みがある人にはマイルドな使用感の紫外線散乱剤を使ったタイプが良いでしょう。
肌に負担をかけない製品は自然食品のショップやナチュラルコスメの販売店などで見つけることが出来ます。無添加の製品を選ぶとダメージを受けにくいです。

肌に優しい化粧品を使うメリット

オーガニックの日焼け止めを使っている人の口コミとして、トラブルに強くなったりコンディションが安定したという意見が目立ちます。それまで紫外線によるトラブルを発症しやすかった人でも添加物を含まず低刺激な処方の製品を使うことでトラブルを起こしにくくなったり安定させる働きが期待できるでしょう。
こうした製品はドクターズコスメと呼ばれる医師が開発した製品にも多く見られます。トラブルを起こしやすいスキンタイプにも安心して使うことができる成分で作られているため、毎日安心して塗ることができるメリットがあります。色がついている肌色のものを使えばファンデーションを塗らなくても綺麗に見えますし、紫外線からのダメージを受けずに済むため、一つ持っておくと便利なアイテムと言えます。